jl7gmnのblog

yahooブログから移行してきました。アマチュア無線を中心としたブログです。

ブログバトン

40Mバンド15Mバンド交信情報2010年10月9日(土)

今日は天気が曇り時々雨という家にいなさいといわんばかりの天候のため、6日ぶりに無線をしようと思い二階のシャックへ入り無線機の電源を入れて40mバンド(7MHz)を聞いてみた。朝の10時すぎからダイヤルを回しバンド内をぐるぐるとワッチしたところ意外と記念局がたくさん出ていた。久々なので、片っぱしから呼んだ。案外と信号が強いが、時間とともにフェージングがあったりとこの時間帯はとても不安定のようだ。最初は8J1M60/1の東京三鷹市の60周年記念の特設局からとっていただいた。12月末まで運用とのこと、ちなみにQSLカード(交信証)は一方的に送っていただけるとのことで、こちらとしては手間が省けてたすかる。特別記念局はこのような一方的なQSLのサービスがほとんどだ。三鷹の特別記念局は60周年らしいが、コールサインの6のあとはアルファベットのO(オー)との事でした。少しややこしいと思った。次に呼んだのは、3KHz上にてCQを出していた8N0CLEAN/0の新潟県見附市ポーダブルの特別記念局だ、距離が近いせいか?信号もRS59+と大変強力な信号でした。他にSWL的には、8J1YUME/1の千葉県白石市の記念局が7.095MHzで聞こえていたが、昼食で一旦QRTとの事で、交信は出来ませんでした。食事後にまた出てくるとの事でしたが私も食事で一旦シャックを離れて食事の為,一階へ降りた。食事の後は7MHz帯の拡張バンドの7.183MHzで周波数のチェックを行い空いているようなので,CQを出してみた。久々なので、案外と緊張しながらCQの呼び出しを行った。時間も午後の2時半を回っていた。すると0エリア(長野県岡谷市)の超OMが呼んできた。JA0AZの2文字コールのOMである。いろいろと無線機を移動させて暖房のある部屋で無線ができるようにしたとの事、また時々のQRVとの事でした、私との交信は過去3回もしていたので、とても回数的にも交信できているのは運が良いようだ。その他、アンテナ、無線機の紹介をしていただき、こちらの買い物の都合で交信を終了した。明日のマウンティンバイクのボランティアをする時の食料の買出しである。近くのスーパーに車ででかけ、お腹がすいた時のパンと飲み物を買った。また、私の酒(焼酎)がなくなりかけていたので、酒のコーナーで海童という芋焼酎もついでに買ってきた。鹿児島のいちき串木野市の焼酎で前にも一度買って飲んだことがある。千円以下なのが嬉しい。家に帰り、玄関の網戸のレールの修理をお袋から言われていたのを思い出して、レールが外れてしまうのを外れないように補強のプラスチックでネジ止め対策を行った。ついでに網戸に取っ手を取り付けた。網戸の取り付け時に外側には取っ手を取り付けていたが、家の内側にはつけずにいたので、内側への取っ手の取り付けである。専用の取っ手ではあるが、網戸の構造にはそのまま取り付けできない、取り付け部の構造に合わせて取っ手をヤスリで削り、取り付け確認、また削り、そして確認を数回繰り返して丁度の取り付けを行なった。なんだかんだと忙しく、次は無線のアンテナを準備した。バネのような40cm程度の磁石基台付きのアンテナが錆ていたので、ヤスリと真鍮のブラシで磨き樹脂の黒色のペンキを塗った。ペンキを缶から出しプラスチックの容器に移し、薄め用のラッカーを少し加えその容器を割り箸でかき混ぜた。その時容器の内側に突起がありそこに割り箸が変に引っかかり無理やり回したところ黒色のペンキが容器から飛び散ってズボンとシャツにかかってしまった。もう最悪である。ズボンはもともと作業用だったから良いもののシャツは半袖の意外とよそ行きにも着れるものだったので、悔しい。カッコ良い作業着となってしまった。少し大袈裟でしたHi。アンテナもペィント終了したので、2階のシャックへ向かい15Mバンド(21MHz)を聞いてみた。アンテナは真西で高さ10M位だ。まだこの間の修理したタワーもまだ伸ばしていないが、なんだかバンドノイズがいつもと違い、どちらかというと28MHzのコンディションが上がっている時のバンドノイズの雰囲気がある。ダイヤルを回していると、IV3TIQのコールサインが取れた。過去に交信したことあるイタリアの局だ。イタリア局がこちらのアンテナが向いていないが案外と信号が強くRS56で入感してきた。時間は15時30分を過ぎた頃でビックリした。ショートパスでの信号の様なので、アンテナをヨーロッパ方向へ向けた。そして空き周波数を早速さがした。過去のQSOでの秋のコンディションでは、夜の時間でのQSOがほとんどだったので、明るい時間帯でのヨーロッパのオープンは珍しいのではないだろうか?21.258MHzをキープした。早速「ハローCQ CQ CQ DX ヨーロッパ」てな感じでCQを出した。この時点でアンテナは18m位まであがっている。この間の修理のおかげでタワーは調子がよい。数回CQを出してはワッチをしたところ、ZC4TS局がコールしてきた。RS57の信号強度である。少しDXのフェージングがあるが十二分に了解できる。英国主権キプロス基地からの応答でした。オペレータはTOMさんで、当地の天気はサンシャインブルースカイモーニングといっていた。ちなみに私のTOMから受け取った信号レポートはRS55でした。再会とQSLの発行を約束して交信終了となった。このQSOをスタートにRA6UL(RUSSIA)、UT9LC(UKRAINE)、IK6HMF(ITALY)、RA4FQ(RUSSIA)、LZ2RS(BULGARIA)、IK5PWM(ITALY)、S58AB(SLOVENIA)、UY5IC(UKRAINE)、DK2BN(GERMANY)、UA1ORT(RUSSIA)、UR4MSF(UKRAINE)、RK9KWI(RUSSIA)、IW3SMR(ITALY)、I2NKX(ITALY)、RA6LDX(RUSSIA)の全16局との交信が出来た。この中でもビックリしたのはLZ2RSブルガリアのRUMEN氏との日本語でのQSOが出来たことである。ほとんど全部日本語で交信した。日本の映画のおしんを知っているとの事でとても日本通な方でした。GABROVOが住んでいる所で、エレクラフトの4ELアンテナで32mHでパワーは100Wとの事でした。気温は10℃とかなり寒いらしかった。ちなみに交信した各国の気温はヨーロッパRUSSIAのRA4FQ局VLAD氏の住んでいるあたりの気温は3℃との事、またスロベニアのS58AB局MIRAN氏のあたりは10℃から15℃の気温との事でした。RK9KWI局TARAS氏のNOYABURUSKあたりは1℃だそうだ。イタリアのI2NKX局SEPP氏のあたりは17℃と、私のとこと同じような気温のようだ。温暖化とは言われているが、寒いところは寒いようだ。あっと言う間に夕方の5時30分を過ぎたあたりからバンドコンディションが下がって、信号が段々と聞こえなくなって来たため、アンテナを元の位置に戻そうとローティターコントローラの自動のSTARTボタンを押した。ここから最悪の状態が起きた。ヨーロッパとの交信が出来て喜んでいるのもつかの間で、ローティターコントローラーのモーターの回転音がするもののいつまでもモーター音が止まらない。アンテナの方向を指す針も動いていない。ハッと思った。以前一度ローティターコントローラのモータとギヤの回転を連動させるゴムが切れた事がありこれと同じ現象だ。早速ローティターコントローラの蓋を開けて確認した。確かにぽっきりという感じでゴム輪がきれている。アンテナはヨーロッパをむいたままで元の西方向へ戻したい。手動でLEFTボタン、STARTボタン、RIGHTボタン、RESETボタンの中のSTARTボタンを押して通常の自動動作の状態で、手動でギヤを廻しては、外へアンテナの方向を確認し、またRESETボタンを押しては、手動でギヤを廻してアンテナが西に向くようにトライしてみた。うまくアンテナが回らない。ゴムが切れた時の操作がわからない状態でどうしようかと手動で動かすボタンのLEFTボタンを押してみたところ、窓の外からローティター自体からのギヤの音「ガァーガァーガァ」と聞こえた。何だ、単純に手動のLEFTボタンと、RIGHTボタンが問題なく操作できるではないか。後は現在のアンテナの位置を確認し、2つのボタンを感覚操作で真西に向けることが出来た。ホットしてなんだか急にどっと疲れが出てきたようなのでここでアンテナを下げ、本日の無線交信は終了とした。修理関連の内容だが、交信情報に記しました。この関連のローティターコントローラ修理作業等は忘れなければ修理関連に後ほど書きたいと思います。今日は本当に忙しかった。おわり

15M交信その2

今日は会社がノー残業デーの為、家へ早く帰れたのだが、ついつい晩酌をしたあとに気持ち良くなって横になっていたらいつの間にかうとうとと2時間も寝てしまった。起きたらもう21時過ぎであった。眠ってもったいない事をしてしまったと後悔しながらも二階のシャックに行き無線機をつけて21MHzを聞いてみた。なんとなくざわついているのだけれどもバンドのどこからも交信の信号ひとつ聞こえてこない。こんなノイズのざわつきは、間違いなくコンディションが上がっている状態であるはずなのだが、一向に交信が聞こえない。無線機の送信調整をしバンドチューナーでマッチングを取りCQを出してみた。アンテナの方向は秋田からは南西の方向を向けてある。九州方向向けての電波発射である。すると九州福岡県宗像市のJA6JQV局がコールしてくれた。なんとこちらでの受信RSシグナルリポートは59(ファイブナイン)である。やっぱりコンディションは上がっているんだなと思った。しかし完全なグッドコンディションではなく信号自体は時間と共に刻々とアップアンドダウンを繰り返す、QSB(フェージング)を伴う信号である。何度かすでに交信しているかもなどと話しながら電子無線ログであるハムログを起動して交信中に確認したところ初めての交信であった。お互いのロケーションの説明などを交信し、またの交信を約束して終了した。気をよくしてCQを再度出してみた。ざわつきのあるノイズの中からJH7???と同じ東北エリアからのコールがあったが、サフィックスが取れなかった為、再度コールサインを言ってもらい、やっと宮城県亘理郡(ワタリグン)のJH7PQV局であることが了解できた。ちょうどコールの確認をしている最中に同じ周波数でHS0ZIN局がこちらの信号が聞こえていないのか?CQを出してきた。このため最初から使っているという名目で、相手にQSYをお願いして見たが、一向にCQを出し続けてきた為、HS局が静かな間に早々にJH7PQV局に信号レポートRS57を送り、MYリポートRS57を確認しQSL交信カードの約束をして早々に交信を終了した。HS0局は、いま暴動問題がおきているタイ国の局であった。HS0局はどこかへ移動したのか静かになったので、再度CQを出してみた。早速熊本県熊本市のJE6OKE局が呼んでくれた。信号はかなり強くこちら秋田に届いてきている。相手のシグナルリポートはRS59+20dBである。21時過ぎの頃よりかなりコンディションが上がっている。お互いのアンテナや無線機の紹介をやり取りし、天候も小雨と秋田とあまり違いがないなどのやり取りをしまたの交信を約束して交信終了となった。そのあと鹿児島県枕崎市のJA6DJS局からコールされた。ここまでの交信で、もう22時を6分も回っていた。段々と国内の信号がフェージングが激しくなってきてついに国内局の信号はまったく聞こえなくなってきた。ここで、コンディションの確認のため、無線機のDUAL受信機能でIBPビーコン 21.150MHzを聞いてみた。意外とVR2Bの香港IBPビーコンが強い、02系列の00秒ジャストでZS6DN南アフリカもピークでRS59の信号で聞こえている。この信号だと南アフリカは交信可能である。早速DUAL受信をOFFにし周波数を少しあげて21.320MHzでインド方面とアフリカにビームをふってCQを出してみた。なかなか応答がない。しばらく空振りのCQであったが、22時52分ごろ Z??MSなる局がコールしてきた。信号はQSBがかなりある。ハラーレという地名がはっきりととれた。アフリカのZimbabwe(ジンバブエ)からである。コールを確認したところZ23MSのミカイル(MIKHAIL)であった。過去に一度交信している局でお互いにRS56のレポート交信ができた。互いのDX交信を願い、再交信を約束して交信を終了した。この後もアフリカとインド向けてCQを出し続けてみた。もしかしたらまだアフリカが呼んでくれるかもと期待しながらである。しかしコンディションは23時を過ぎた頃からバンドのノイズレベルが下がってきていた。このような状態のときに近場のDX 韓国の6K5ZDT局がコールしてきた。意外と近場も取れるが、やはりコンディションは落ちてきている。QSBが激しくすぐ信号がRS53ぐらいに下がったりもした。QRZ.COMでのQSLダイレクトを言ってきたので、QSLダイレクト送付を約束し、交信終了となった。この後も少しCQを出し続けてみた。今度はBD5DNAの中国のDONG YANG市局がコールしてきた。向こうにはRS55で飛んでいってる。こちらへは最大でRS59までSメータを振ってきた。またの再交信を約束し交信終了となった。24時に近くなったのでアンテナを下げて今日の交信を終了とした。コンディションは刻々と変化しているコンディションであった。しかしながら5月は秋田からは西側のDXコンディションが抜群に良くなってきている。今週の土、日にもコンディションが良いといいのだが。無線交信はとっても面白い、ほかの周波数帯のアンテナも上げなければならないと思った次第である。特に14MHzがアフリカがよく聞こえている。同じ頃23時過ぎにV型DPでSWLしたところ、14.205MHzでZS1SRアフリカ局が14.226でZS3Y同アフリカ局がとても強力に聞こえている。急がねば。。。以前購入してある14MHzの3ELがあるので天気を見て上げようかと思案した次第である。

15M交信

久々に21MHZで交信をすることができた。連休の最後の5日のこどもの日にタワーのアンテナのメンテナンス兼ねて、壊れていたアンテナをすべて撤去した。幸い壊れずに残っていたのは、クリエートのCL15という5ELの八木アンテナだけであった。他自作のアンテナは、すべて今冬、今春での風で壊されていた。やっとタワーのアンテナが見栄え良くなったので、バンドでの調整をかねてCQをだしてみた。
5日の夜もコンディションが良くて、香港局VR2XMT、ウエストジャカルタ局YB0MWM、サウジアラビア局7Z1CQ、インドネシア局YC0NSI、YC0OHG、インドバローダ局VU2XOと交信できている。コンディションはDXも良好になりつつある。この季節は、日本から見ると西方面のコンディションが上がる。インドとか、アフリカがよるの9時から12時頃にかけて開けてくるだろう。今日は朝の時間帯なので、国内局が聞こえている。CQをだしてみた。 宮崎市のJA6AUJのOM局が呼んでくれた。リタイヤ後19年だそうだが、声からすると10歳以上若く聞こえている。うちの親父とほぼ同じ年齢でびっくりした。アンテナの情報、ほか名産マンゴの盛とかの田植えが終わったなどの情報をいただき、こちらからも、秋田の岩ガキ、あきたこまち、日本酒の平泉(旧、仁賀保町)を紹介して次回の交信をお願いし終了した。次は長崎県佐世保市局が呼んでくれた。JA6EEKのOM局である。天気も快晴、アンテナは垂直系の21M、28M共用のトップローディングアンテナを使用しているとの事であった。しかも電波の出力は5WのQRP(小電力)であった。こちらは5ELの八木アンテナに100W出力である。とてもコンディションがいいのがわかる。今回EEK局とは5回目の交信で約1年若ぶりの交信となった。JARL(日本アマチュア無線連盟)島根経由のQSL交換を約束して交信終了となった。
朝の10時51分過ぎにダイヤルを上の方へ回していったところ、とても強い信号が聞こえてきた。RS59+である。R:了解度(リーダァビリティ)、S:信号強度(シグナルストレングス)
VK8PDX局がCQを出していた。早速読んでみたところ1発でとってもらえた。オーストラリア局である。名前はCRAIGでQRZ.COMでみたらボディコンのきれいどころに囲まれた写真が載っていた。うらやましい限りである。とまあコンディション抜群とまではいかないが、このバンドも日中も十分DXが可能である。他のバンドもアンテナを上げて、時間帯での最適コンディションのバンドを選んで交信できるようにしたい。

SSB信号発生回路作製

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

SDR受信は各種提供されている受信プログラムでも自作のVB6のプログラムでも受信できたが、SSBの発生の回路は意外と情報が少ない。パソコンと絡めて使用するような情報もあまりない。すでにインターネット上で公開されているJI3GAB局のSSB発生プログラムのホームページ上に載せてあったコンバータ回路を参考に455kHzSSBの発生回路を作製することにした。氏はSDR分野の送信用のプログラムを作成し公開しているので、アマチュア無線界のSDR分野で知らない人はいないくらい有名な方です。氏の回路ではゲートICを使い信号である12kHzとキャリアでIFの455kHzのSSB信号を発生変換する回路でとても簡単にまとめられています。
私の手持ちのゲートICで4053が一個しかなく447.44kHzのキャリア発振用として使っているもう一個の分周用の4053を、別のゲートICで設計し代用することにした。4053の内部でやっていることを分周の原理回路をシリーズに組み合わせて作製しました。この回路は2009年の1月19日すでに、SDR受信の実験で使用していたものです。回路を添付してあります。
源発振用のクリスタルは3.579545MHzをインバータのMC14049Bで発振させ、2個さらにシリーズにバッファとして使い次段の分周ゲートIC TC4013BPに入れて1/2分周し1.789MHzを得ます。次に同様にTC4013BPに入れて更に1/2分周し0.895MHzを得ます。最後にもう一段TC4013BPに入れて1/2分周し目的の0.4474MHzを得ます。このようにDフリップフロップをシリーズ接続し分周処理することで簡単に4053の代用ができます。変換用のキャリアは上記回路を使用してあります。SSB信号は氏のパソコンプログラムを使用します。作成されたSSB信号がサウンドカード出力から出てきます。(8kHzSSB)今回の作製はサウンドカードからのSSBオーディオ出力をシングルのOPアンプを2個使い位相をずらしマルチプレクサの4053に入れて、上記キャリア発振の出力周波数447.44kHzでスィッチングすることで、4053の出力14ピンに455kHzのSSBが出力信号が発生出力されます。この出力を一石のトランジスタIFアンプで増幅しこの後のセラミックフィルタで目的の455kHzのSSB信号の片側を通過させてSSB信号を得ます。元信号を≒8kHz(7.56kHz)として考えましたので、実際の4053の出力には439kHzのイメージSSB信号と455kHzのSSB信号成分が現れることになります。使用したセラミックフィルタはFタイプですので、455kHzを中心に-6dB帯域は12kHz、-50dB帯域は24kHzです。通過帯域は443kHzから467kHzまでがー50dB帯域となりますので、このフィルタでは439kHzのイメージ信号が帯域外となり減衰され455kHzの成分のみが通過し目的のSSB信号ができます。しかしながらキャリア周波数は447.4kHzなのでこのセラミックフィルタではキャリア漏れが相当あると思われます。よってセラミックフィルタとしてはHタイプのフィルタ-6dB帯域6kHz、-50dB帯域16kHzがキャリア漏れなく使用できそうです。手持ちにないので通販で購入準備しなければなりません。とにかくフィルタ以外は回路は組み立てが終わったので順次回路の動作確認をしてゆきたいと思います。完成した基板の写真を添付しておきました。つづく

モンゴリアとの交信

夜の9時39分に7MHzをワッチしていたところJT1CO局がCQを出してきた。周波数は7.154MHz、シグナルはとても強くオーバーS9+20dBである。誰も応答しないのでコールしてみたら
1発でとってもらえた。隣の町でCQを出していたかのような強力な電波であった。RSリポートを交換しQSLインフォメーションはQRZ.COMということだった。インターネットの情報で検索しQTHはモンゴリアのウランバートルであることが判った。通信距離にして2805kmの交信でした。この時間帯は意外と2000kmから3000kmぐらいの距離がよいのかもしれない。電波はあまり出ていないだけで、案外通信は問題なくできるのかもしれない。ちなみに7MHzで国内の局は1局だけJR3GAL局が交信しているのがRS59QSBで聞こえていた以外ほかはまったく聞こえませんでした。国内の交信が夜分できるようになるのはいつのことやら。当面は秋から冬のDXコンディションだろうか?
メインのアンテナが壊れているのでどうしようか?当面はダブルバズーカ6mH、と1/4λバーチカルの0.5mHの2本のどちらかでの運用である。モンゴリアとの交信はダブルバズーカでした。ビームをはやく直したいが、足の打撲がなおらない...頭がいたい!。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ