jl7gmnのblog

yahooブログから移行してきました。アマチュア無線を中心としたブログです。

SDR

VSPE+OmniRig+HDSDR+Hamlogの同期

ついこの間,14MHzでCQ誌でも記事を書かれているJA1RPK局の川名OMと偶然コンタクトできた。話はSDRのことから、各トランシーバーのコントロールアプリケーションや、SDRの同期動作と複数の無線機の同時コントロールの話になった。かなりすごいアプリがあるということでした。仮想COMなる、とにかくいくつも派生的にCOMポートを作ることができ、しかもそれぞれが設定できるVSPEアプリケーションがそれらしい。バーチャルシリアルポートエミュレータの略称だ。丁度最近SDRのドングルをハムスクウェアで購入して無線機との同期を行うOmni-Rigなるアプリを弄っていたことからいろいろとOMには、お聞きしました。とても詳しく、私の無線機のポートなどの状況を見て、ハムログ、無線機、HDSDRの私のやりたいことの、初歩のステップについて可能であると教えていただいたので、今日早速やってみることにしました。結果は、最初は説明も何も見ないでやったので、チンぷんカンプンで今までどおり、無線機とHDSDRだけの同期で、ハムログは同期せずの結果でした。アプリケーションの説明をネットで探して、仮想COMを設定する場合はスプリッターを選択することがわかり、なるほど初期設定では動かないのはあたりまえだ。とにかく準備として、インストール後の操作の資料を手元において置く必要があるのはいうまでもありません。もしかしての淡い期待を(初期設定で動くこともまれにある!)したわけですが、やはりキチンと設定は必要でした。

【VSPEの設定】
イメージ 1

ハードのCOMポートはCOM7で、無線機とつながれています。
HDSDRとハムログをCOM1で使うためにVirtual serial port にCOM1を指定します。
イメージ 2

元のCOM7のSerial port settings を無線機で設定した内容に合わせて設定します。
FT-2000Dでは以下の設定です。
イメージ 3

設定が終わると下記のように表示されました。
イメージ 4
上の表示からスタートのボタンを(PLAY)で設定が開始でSplitter Readyのステータスになりました。ここで、File保存しておきます。ウィンドウズのスタートプログラムにショートカットとして登録するためです。するとWindows立ち上げと同時にVSPEを自動スタートさせることができます。
イメージ 5

HDSDRの設定をするために、CAT to Radio(Omni-Rig)を選びます。
イメージ 6

仮想COMポートで設定したCOM1を設定するために、Omni-Rig Setupを選びます。
イメージ 7
自分の無線機と同期させるための設定を行います。
特に、Port は 仮想COMで設定したものにします。各設定を無線機にあわせて、行います。
イメージ 8
実際にVSPEを走らせた上体では、下記のようになっています。ステータスがOKとなります。
イメージ 9
以下はFT-2000DとHDSDRとハムログが同期している状態です。
イメージ 10

無線機のメインダイヤルを回すと、ハムログ、HDSDRの周波数が同時に動きます。もちろんHDSDRのマウスでの周波数設定でも無線機もハムログも周波数が同期して動きます。すごく楽しいです。(ハムログのポート設定は省略します。)
イメージ 11

途中のHDSDRの設定の箇所でRig1のみの設定でしたが、もう一台の無線機も同時にシリアルポートの接続をしておくと無線機が2台とも同時に動かすこともできるようです。シリアル-USB変換をもうひとつ用意して、自分のRFモニター用にFT-1000MPもつなぐ予定でいます。アプリケーションは、数年ですごいことになってきている気がします。とにかく試していくことが、とても楽しいです。いまどきの無線機のパソコン制御はビックリするばかりです。ハムライフが少しずつ充実していく感が本当にありました。川名OMには、いろいろと教えていただきまして、本当にありがとうございました。

HDSDR+OmniRig

最近Webでワンセグドングルを使ったSDRの情報がよく見かけられる。ヤフーでもJA7TDOさんがHFのダイレクト受信用に改造したワンセグSDRを出品していた。ついでにハムスクウェアをのぞいて見たら同じものがあった。なので、早速注文しました。注文したワンセグSDRの方は、届き次第試してみる予定です。参考のWeb動画を見る限り素晴らしいです。
いろいろとSDRラジオの情報が巷で持ちきりになっているので、流行のHDSDRがどういうものかと思い早速以前使用していたハードを引っ張りだした。ハードウェアは受信できるものであればひとまずは大丈夫だろうと思い、かの有名なハムスクウェアで購入した外部DDS(DDS34)対応のSDR基板だ。少し古いですが、問題ないです。

イメージ 1

基板にはバンドパスフィルターが実装されています。7MHzを聞くときのイメージや放送局の混変調を改善してくれます。専用の同調した7MHzのアンテナであれば十分です。OSCで使うDDS34のコントロールはVBnetでのサンプルプログラムを自分用に改良したものをつかいました。

まずは、HDSDRを起動してみました。
イメージ 2

 プログラムを走らせて見た瞬間グラフィカルなディスプレーなので、以前のアプリと違い、とてもいい感じです。帯域は、パソコンのサウンドカードなので44khzぐらいですが,DDS34で自由に周波数帯は変更できるので、特に問題はありません。フィーチャのノッチフィルターも、マニュアル設定で複数の設定ができるようです。また、自動でビートを検出して消してくれるオートノッチもついています。この機能に間してはレベルの変化のある信号では、消えたり出たりとあまりうまくないようです。ビート信号がなくなると、機能がリセットされるため、またビートが出るとビートが聞こえてしまいます。いったん検出したビート周波数でのノッチ機能をおわらせないで続ければいいのに!という感じです。任意ビートと複数の連続ビート用でしょうけど、電波ではフェージングがありますからリセットされる仕様だとうまくないです。Hi! 単体で複数設定できるマニュアルノッチで十分です。
いろいろと使ってみて、とても気に入りました。無線機のオプションのDMU-2000とかを予定していましたが、これを使ってみて、HDSDRが十分私の要求を満足してくれました。購入したワンセグSDRでは、連続での周波数受信が可能なようなので、次のOmniRigの機能を使うと、なおさら満足の上をいくと思います。少し先走ってしまいましたが、次はOmniRigです。これは何かというと、SDRでの受信周波数と無線機の周波数が同期するようにするアプリケーションです。ゼネカバータイプのトランシーバで対応している機種であれば、SDRで受信した周波数がトランシーバーにも反映されます。つまりSDRの周波数選択が同じようにリアルタイムでトランシーバーにも反映されます。とにかくうれしい機能です。この機能で、アマチュアバンドであれば、SDRの受信機で受信して、トランシーバーで送信するということができるわけです。HDSDRでは設定で送信ボタンを表示させて送信もできるようになっているようです。

まずは、OmniRigのサイトからのダウンロードです。
イメージ 5

自分のトランシーバーが対応しているか確認します。(該当していることが必須)
結構な機種が対応しています。スゴイ!
イメージ 6

以下からダウンロードします。
イメージ 4

以下はHDSDR上でのOmniRigの無線機に対しての設定です。
イメージ 3
受信の設定はこれだけで、大丈夫でした。もちろんパソコンからRS232Cで無線機に接続しておく必要はあります。無線機側でのRS232Cを使う為の各設定は、マニュアル等を見て、すませておきます。

 また、OmniRigは、なじみのある、最新のWinradでも対応していました。
イメージ 7
Winradでもまったく受信は問題ありません。後は好みということになります。私は最初の印象どおりHDSDRがグラフィカルな点で、とても気にいっています。アプリケーションは以前のアプリと比べて進歩していて驚くばかりです。

ハムスクウェアで購入したワンセグSDRは、昨日すでに発送しているとのことなので、今日届くと思います。待ち遠しいです。

別件ですが、最近ウィンドウズがセキュリティソフトをダウンロードして、再起動したときのことなのですが、ちょうどブログを書きかけていたときに、再起動がかかりデータが全部消えた。ついそのときは「せっかく書いたのにー!このヤローめ」とつい愚痴を発してしまった。今日ブログを新規作成をするときに、そのときのデータが残っているので、ダウンロードするか?というフォームが出てきてビックリしました。案外バックアップしてくれているんだと思い少しは感心した次第です。

つづく

DDS34応用その4

イメージ 1

今日はRS-232Cでの無線機周波数読み取りとその読み取り値をDDS34の周波数発発振器のVBのプログラムをマージさせてコーディングとデバッグをした。プログラムもマージだが、メインフォームもほぼ単純にそれぞれをドッキングしたようなものでほんと間に合わせだ。(動作確認が目的ですのであまり気にしてませんHi!)いずれフォームも不要なコンポーネントオブジェクトはいずれ削除し、新たなフォームで作る予定ではいるが、確かではない。
フォームはマージの形でできているが、実際のところはRS-232Cのメインフォームを広げ、広げたところにDDS34と同じコントロールをツールボックスから手動追加しています。こうすることで,RS-232Cのプログラムはそのまま使え、コントロール数の少ないDDS34プログラムの各コントロール番号を変更するだけですむ。しかもプログラムはコピペだ。もっといい方法は、コントロールにはすべて名前をつけておくことで、同じ名前であればプログラムもそのまま使える。要は最初のプログラムの初期設計でどれだけきちんと設計しておくかが後からの改良などの対応時間に差が出るということで、わかっているが、今回は動作確認なのでしかたがないので手間をかけてやることなりました。
実際の動作確認では、エラーが出た。単純にオブジェクトの登録エラーだったが、単体では、問題なく動作していたものがマージ後に動作エラーなので困った。これは単純でstr関数を使わないことで対応できた。一応は解決し動くは動いた。ただし読み取りのデータの変換上の問題なのだが、RS-232Cでの周波数読み取り値は全てテキストで行っていたので、DDS34の周波数設定上の変換で、少数部がまるめられてしまい1KHz以下の100Hz、10Hzが設定されないという問題が発生した。VBの変数型を参考書を首っ引きでいろいろと試したが、どうも変換がうまくいかない。”03.551230”-> 3.551 にしか変換できない。3.55123にしたい
10ヘルツの桁まで設定値がない状態なので、別の方法を考えた。100ヘルツと10ヘルツの桁を別読み取りにしてRITとするのである。つまりメインの値とRIT値を後で加え、読み取り周波数をすべて再現するという方法です。つまり、3.551はメモリし、小数部を230ヘルツをRIT値の0.00023 でさらにメモリしDDS34のデータ設定時に3.551と0.00023を加えもとの3.55123をDDS34の設定値にするんです。上記の方法で10ヘルツ代も問題なくFT-1000MPのダイヤルを動かしたのに連動しDDS34の周波数が設定される様になった。動作は完全なリアルタイムとはいきませんが、タイマーインターバル設定値を極力小さくしてあります。FT-1000MPのCATマークはほぼ、点灯している感じです。ゆっくりメインダイアルを回すとWinrad1.32上のスペクトラムが動いてゆくのがとても面白い。ヤッター!バンザイ!これでWinrad受信部は無線機のメインダイアルと同じ周波数となり、トランシーブ操作が可能になりつつあります。トランシーバーのRX受信用のアンテナ出力も実際に確認しなければ、新しいフォームでこのプログラムも書きなおさなければとまだまだやることが山ほどある。また以前に作成している455KHzSSBの送信部もケースを考えなければ、あれこれとほんとに八方美人的ブログであるが、ご勘弁あれ!
本日のプログラム作成フォームを添付します。to be continue!

DDS34応用その3

イメージ 1

Winrad1.32の設定で96KHzサンプリングでの状態も確認したので画像をアップします。どちらかというと44.1KHzサンプリングより帯域が広いのでこちらで使用しようと思う。ASIOドライバーでは44.1KHz以外は音が途切れてNGでした。よってWMME 16bit DRIVERでの使用となります。今日は遅いのでもう寝ます。
to be continue.

DDS34の応用その2

イメージ 1

時間があったので、SDRソフトウェアでのDDS34のノイズについて確認してみた。
SDR66をつないでパソコンでプログラムほか動作中のノイズが丁度中央にあり受信周波数をそのままDDS34の設定周波数としたとして周波数少し上側にシフトしたときに、この成分がSSBでのビートになり思わしくないようである。よってプログラムにてオフセットを+10KHzほど中心より上の部分を受信周波数ポジションとなるようにすることにしようと思う。こうすることで、下側はセンターノイズまで7KHzほどあるので周波数を少し(±3KHz程度)上下させた時のビートはなくなる。(実際に試したら-7KHzから-10KHzまではビートとなった。もちろん中心のノイズより下はバンド幅の帯域制限範囲までまったく問題ない。また上側はサウンドカードのバンド幅の帯域制限で受信周波数+14KHzのゆとりがあった。)受信するときはここのポイントがダイヤルと同じ周波数となる。
以上よりプログラムでのDDS34へのオフセットは読み取り周波数に対し-100KHzとすることにする。
(FT-1000MPでダイヤル設定で3.560KHzを受信している場合は、DDS34での発振周波数は3.550KHzを設定するということです。もちろんWinrad中心より+10KHz上が該当周波数ポジションとなります。)
添付したWinrad1.32の青の帯の部分が受信周波数ポジションです。この構想ではWinradでの青帯の位置は固定ということになります。が、SDRとしての3.5MHz帯バンドスペクトラムは見れますので問題はないと思います。またWinradとのDDS34の周波数連動をしていませんので、Winradの周波数およびオフセットの部分は実際動かす時は使われません。受信周波数およびバントのスペクトラムの表示ソフトとして使用することになります。
なお添付のWinrad1.32の受信スペクトラムのノイズフロアが高いのは使用しているアンテナがバーチカルアンテナのせいです。3.5MHzはコイルが入った短縮型のバーチカルです。 to be continue.
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ